生理痛の緩和にすぐ効果を発揮してくれる方法ってある?

毎月起こる生理。その周期が一定であることで、女性の身体が健康である証拠でもありますが、経血量が多い時に起こる痛みに悩む女性も多いでしょう。

でも、痛みがある度に鎮痛剤を飲むのはあまりしたくない・・・、そう考える人もいるはずです。

実は、痛みが酷いとき鎮痛剤を飲む以外に生理痛を緩和させるために出来ることがあります。

その方法とは一体どんなことなのか知りましょう。そして薬に頼らずに痛みを和らげることは、今後の生理痛緩和にもつながります。

すぐにできる生理痛緩和5つの方法

痛みを和らげてくれる5つのこと
生理痛の原因には、子宮内膜が必要以上に厚くなることとプロスタグランジンというホルモンが関係しています。

子宮内膜からプロスタグランジンが分泌されると、子宮の収縮が活発になります。そして、経血が排出されやすくなると同時に痛みが起こりやすくなるのです。

この時、エストロゲンの過剰分泌によって子宮内膜が厚くなりすぎていると痛みやさらに増してしまいます。

そしてその痛みを増幅させてしまうことに血行不良が関わっているのです。特に女性には冷え性の人が多いことも関係しています。

冷え性などが原因で血行不良だと、筋肉が緊張したり血管が硬くなることで痛みを余計に感じやすくなってしまうのです。

その為、もしひどい生理痛が起きたときにすぐできる対処方法5つを知っておきましょう。

お腹を温める

お腹周りが冷えてしまうと、子宮周辺の筋肉や血管が硬くなることで血行不良を起こしてしまいます。その冷えを無くすだけで、生理痛は緩和されます。

生理痛を起こしている下腹部をブランケットで覆ったり、張るカイロなどを使って腰からも温めることも効果的です。

また、使い捨ての紙ナプキンから布ナプキンに変えるだけで生理痛を軽減できます。保温性が無いに紙に比べて厚みのある布なら子宮を冷やさずに済むのです。

ウォーキングなどで血行促進

生理痛を悪化させない為にウォーキングをする女性
下半身の血行不良によって、生理痛が増幅してしまうことがあります。

その為、歩くことを意識して行えば血行が促進されるので、すぐに痛みを軽減することにもつながります。

動くことがままならないほど痛みがあったり、動くたびに経血が出てくる感覚があるから動きたくないと思う人が多いと思います。

しかし、通勤や買い物などの移動時に意識して歩くことで下腹部を中心に、全身の血行が良くなるので痛みの緩和につながります

すぐに痛みを緩和させたい場合におすすめの対処法です。どうしても、生理中に余計に動くのは嫌だという人は普段から、意識して歩くようにしましょう。

骨盤周りの筋肉を使うイメージを持つ

歩く、にもいろいろあり骨盤周りの筋肉をよりよく使う為に「お尻で歩く」方法もあります。

意識的にお尻を持ち上げるなどの動きをするので、骨盤周りの筋肉を大きく使うことが出来ます。その結果、子宮周辺の筋肉も使われるので同様に血行も促進されるのです。

また、立つ時にはお腹をへこませるイメージで下腹部とお尻をくっつけるように力を入れて立ったり歩く時にも同じように意識して息を吐きながら歩いたりするだけでも効果はあります。

デスクワークでも姿勢を正しく保とうと下腹部に力を入れて背筋を伸ばしたり、膝を閉じて座るだけでも意味はあります。

普段の生活のなかで、お腹とお尻を意識するだけで骨盤周りの筋肉をより使うことができるのです。

それが子宮周りの血行不良改善につながるので、生理痛の緩和に役立ちます。

生理痛緩和につながるツボ

女性に嬉しい生理痛緩和のツボをいくつか紹介します。基本的にツボは左右対称にあります。

ツボは強く押せば良いという訳ではなく、痛くない程度の強さでゆったりとした呼吸に合わせて数分間繰り返して刺激しましょう。

まず、女性特有の疾患に高い効果があることから「女性のツボ」とも言われる、三陰交(さんいんこう)です。内くるぶしの指4本ほど上にあるツボで、生理不順・生理痛・更年期障害の改善に効果的なのです。他にも不妊症や妊娠にも役立つことから「安産のツボ」とも言われています。

膝を軽く曲げて足の力を抜き、手の平で脛をつかむようにしてツボに親指を当てます。脛の内側に押しこむような形で押します。

息を吐き出す時に押して、吸う時に離す動作を3~5分繰り返し刺激します。

そして、血海(けっかい)。膝の皿上部から指3本上、膝の皿の内側端の直線上にあるツボです。座った状態で足の力を抜き、親指で少し強めにツボを押してはなすを1~3分繰り返しましょう。

名前の通り、血が集まる場所という意味があって血行に関係しています。血行改善の効果が期待できるので、生理不順や生理痛に効果があることで知られています。

生理痛が酷い時には、血海のツボ付近にシコリや張りがあらわれることもあります。

最後に、気海(きかい)。おへその指2本下にあるツボで、丹田とも言われます。気の流れをスムーズにするので、身体を温めて調子をよくしてくれる元気ツボです。

人差し指と中指でゆっくり押して離すのを3~5分繰り返し刺激します。強く押すことは止めましょう。

基礎代謝を上げてくれることから、生理不順や生理痛軽減・不妊などにも効果が期待できるのです。

フルーツやナッツ類が生理痛を和らげる

水分が多く、ビタミンEやクエン酸などの血管を広げる働きを持つ栄養素がたっぷり含まれているフルーツは生理痛を和らげてくれる効果があります。
普段から意識して摂取することで、生理痛悪化の予防にもなります。

生理前にはイライラや憂鬱な気分になってしまうこともあります。

ビタミンB群が含まれているアーモンドやくるみなどのナッツ類には、気分を落ち着かせてくれる効果があるので、気分や感情の起伏を落ち着かせたい人は生理前に摂取してみることがオススメです。

ひどい生理痛が起きたらすぐに試してみよう!

自分自身に合う生理痛緩和方法を取り入れてみる
鎮痛剤を飲んだり、安静にする以外にどうすることもできないと思われがちな、酷い生理痛のときにもこれだけ色々な対処法があるのです。

我慢しても良いことは無いので、こうした対処法を普段から意識したり痛みが酷い時に少し工夫しておこなってみましょう。

それだけで、痛みは緩和されて楽に生理中を過ごすことが出来ます。効果に個人差はありますが、試してみて自分自身に合って生活に取り入れやすい対処法を見つけましょう。

フォローする