女性の悩み「生理痛がひどい」体内ではこんなことが起きている

毎月の生理が悩みのタネという女性は多いのではないでしょうか。
授業中や仕事中に気になってしまったり、思うように遊びに行けなかったり・・・。
とくに生理痛がきつくて何もできないという人は、生理が近づくたびに憂鬱になってしまいますよね。

痛みの現れ方や感じ方は個人差が大きく、「お腹と腰がずっしり重くてだるい」という人から「お腹が痛くて立って歩くこともできない」という人までさまざま。
ハードな痛みがずっと続いていると、身体の中で何が起こっているんだろうと心配になってしまいませんか?
生理痛の症状と原因について理解を深め、生理痛の痛みや不安解消へつなげていきましょう。

布団にくるまっている女性

生理痛の症状をチェック

ひとくちに生理痛といっても、症状は腹痛だけではありません。
生理前~生理中に起こる腰痛や頭痛、吐き気なども生理痛の症状です。
とくに多くの女性が悩まされている腹痛と吐き気について、どんな風に起こっているのかをみていきます。

腹痛

生理痛=腹痛というイメージがついているほど、子宮(下腹部)の痛みを感じる人は多いですよね。
排卵はしたものの受精せず、着床に備えて厚みを増していた子宮内膜がはがれていくことが生理(月経)。
不要になった子宮内膜を体外に排出しようと、子宮が収縮することで起こる痛みが生理痛といわれています。子宮内から経血を押し出すため子宮の筋肉をグッと縮めていて、妊娠はしていないけれど出産と同じ作用が毎月起こっているのです。

また、生理前に子宮あたりがチクチクと痛むケースも。
これは排卵痛といって、排卵の際に卵子が卵胞をやぶるため。左右にある卵巣の片側から排卵されるので、痛みも左右どちらかだけで感じられることもあります。

頭痛

生理前~生理中に起こる頭痛の原因は、エストロゲンというホルモンの影響
排卵前に分泌のピークを迎えたエストロゲンは、排卵後に急激に減少します。その後再び増加して、生理前に減少。
エストロゲンが急に減ることで脳内の血管が急速に拡張し、頭痛が発生します。
片頭痛と同じ仕組みで起こり、しかも長く続くのがツライところ。

頭痛を和らげるためには、痛む部分を保冷剤で冷やします。血管が広がって血流が増加しているので、温めるとさらに悪化。冷却して血管を縮め、血流を阻害することが大切です。入浴やマッサージなどは、血流を促進してしまうのでNG。
光や音にも敏感になっているので、静かで暗い部屋で横になり、ゆっくりと過ごしましょう。

生理痛の原因と治療

生理痛の代表格・下腹部痛の中にも種類があります。
子宮の収縮によって起こる痛みがすべてではなく、治療が必要な病気が隠れている場合も。まずは心当たりをチェックして、気になる症状があれば早めに婦人科を受診してください。

機能性月経困難症とは

機能性月経困難症は、原因となる病気はなく誰にでも起こりうる生理痛。

・子宮の収縮を促す物質・プロスタグランジンの分泌過多
・骨盤周辺の血流悪化
・子宮や卵巣が未成熟

などが原因で、とくに10代~20代の若い女性に多くみられます。

・鎮痛剤で痛みを抑える
・ホルモン剤(ピル)で排卵を抑え、生理の症状を緩和
・入浴や軽い体操で血流を促進

といった対処法があり、年齢とともに改善される場合もあります。

器質性月経困難症とは

子宮や卵巣に隠れている病気によって引き起こされる生理痛が器質性月経困難症。
20代後半から多くみられ、生理期間中でなくでも痛みが起こることもあります。

【子宮内膜症】
本来なら子宮の内側にできる子宮内膜が、ほかの場所にもできてしまう病気。
どこでできた内膜も生理周期に合わせて増殖と退化(出血)を繰り返すので、体外に排出できない血液によって炎症を起こしてしまいます。
・生理痛がどんどんひどくなっている
・鎮痛剤が効かない
・排便の時に、肛門の奥ではげしい痛みがある
・セックス時に膣の奥に痛みがある

【子宮筋腫】
子宮に腫瘍ができる病気。
大きさは大豆~野球ボールくらいで、ひとつだけできる場合や複数できることもあります。
転移したり、ほかの細胞に悪影響をおよぼしたりすることがなく、自覚症状がないことも。閉経によって改善しますが、気になる症状が出ている場合には治療が必要です。
・経血量が多く、1時間に1度以上の頻度でナプキンを替える
・レバーのようなかたまりが出ることがよくある
・出血がだらだらと10日以上続く

【子宮腺筋症】
子宮内膜症と同じ仕組みで起こる病気。
子宮の筋肉内に内膜が入り込んでしまうので、進行すると手術で取り除く必要があります。
症状が軽い段階なら薬物治療が可能なので、早めに病院を受診しましょう。
・生理痛がひどくなっている
・経血量が多く貧血気味
・排便痛
・性交痛

以上のように、たかが生理痛だからと我慢を続けてしまい、病気を悪化させてしまうリスクがあるということを知っておかなければいけません。
いずれも早い段階で治療を始めることができれば改善できる病気ですから、気になる症状がある人は病院を受診して原因を確かめてくださいね。

フォローする